他院での修正手術も対応眼瞼下垂

眼瞼下垂が起きる原因には大きく2種類あり、
皮膚のたるみによる眼瞼下垂」と
筋肉の弱りによる眼瞼下垂」です。
重要なポイントはそれぞれの原因に
応じた手術を行うことです。

当院の眼瞼下垂の治療について

当院の眼瞼下垂の治療について

あなたに似合う自然なまぶたへ

オキュロフェイシャルクリニックグループでは、美容外科で行う「作られたまぶた」ではなく、よりナチュラルで元来のお顔に合ったまぶたになるように心がけております。

眼瞼下垂の症状

こんな症状があったらたれマブタ(眼瞼下垂)かもしれません。

  • 目が重い
  • 二重の幅が広くなってきた
  • ハードコンタクトを使っている(いた)
  • 肩こり、頭痛がひどい
  • 眠そうだと言われる
  • 目が細い
  • 目つきが悪いと言われる
  • おでこのシワが目立つ

上まぶたが垂れてきて目を覆うようになってしまった状態を眼瞼下垂(たれマブタ)と言います。この状態になると、上記のような症状が出現します。

眼瞼下垂の手術を他院で受けたが、納得した仕上がりではなかった方へ

修正手術

オキュロフェイシャルクリニックグループには、他院で治らない治せないと言われた方々がたくさんいらっしゃるのですが、他院で眼瞼下垂手術を行い、思いどおりの結果にならなかった方も数多く来院されます。

他院で修正することが難しいと判断された方でも、今まで来院されたほとんどの方が治療が可能ですので、まずは一度ご相談いただけたらと思います。

眼瞼下垂の修正手術をみる

眼瞼下垂の2つの原因

  1. 皮膚のたるみによる眼瞼下垂

    たれマブタ(眼瞼下垂)の原因は、大きく分けて2つの種類があります。
    まず最初に皮膚のたるみによるものが挙げられます。これは、年齢とともに徐々に皮膚が伸び、たるんでしまったものです。

    もともと一重まぶたであった方に起こりやすく、おでこに深いシワが目立ち目の形が八の字になってイラストのような表情になります。これを皮膚のたれマブタと言います。

    皮膚のたるみによる眼瞼下垂
  2. 筋肉の弱りによる眼瞼下垂

    一方で、まぶたを上げる筋肉が弱くなってしまうタイプのたれマブタ(眼瞼下垂)もあります。年齢とともに筋肉が伸びてしまい、それを補おうと眉毛が上がってしまいます。

    ハードコンタクトレンズを装用している方、過去に装用していた方がなりやすいです。これを筋肉のたれマブタと言います。

    皮膚のたるみによる眼瞼下垂

眼瞼下垂の治療

眼瞼下垂の治療

治療はそれぞれの原因に応じた手術を行うことです。

  1. 皮膚のたれマブタ(眼瞼下垂)の場合 皮膚のたれマブタの場合には、垂れてしまった皮膚をまつ毛の上で切除し、それ以上下がって来ないように二重まぶたを作成します。場合によって脂肪の切除も行います。
    もともと二重まぶたであった方の場合には、眉のすぐ下を切開する眉毛下皮膚切除を行う場合もあります。
    重度の場合には、その両方が必要になることもあります。
  2. 筋肉のたれマブタ(眼瞼下垂)の場合 筋肉のたれマブタの場合には、伸びてしまった筋肉をまぶたが機能的に上がるような位置に縫い直すことで治療します。同時に皮膚を切除することもあります。軽度の場合には皮膚を切開せず、目のうら側から行うこともあります。

当院が提供する治療の特徴

  • 当院が選ばれる理由1
    手術件数が海外も含めトップ
    オキュロフェイシャルクリニックグループでは年間2,840件(2021年1月から12月まで:総手術数5,749件のうち)の眼瞼下垂手術を手掛けております。
    この手術件数は国内のみでなく、海外も含めてトップレベルです。
  • オキュロフェイシャルクリニックグループが選ばれる理由2
    患者さんごとに合わせた美しいデザイン
    眼瞼下垂手術は、目の形状を変化するため、その人の人生がかかっている非常に重要な手術です。デザインが適切に行われなかった場合には、人生が変わってしまうこともあるのです。
    そのため、患者さんに合ったまぶたにするためには、たくさんの「経験」や「技術」が必要になります。
  • オキュロフェイシャルクリニックグループが選ばれる理由3
    他院での失敗・やり直しにも対応
    今までに手術を受けたことが無い方はもちろんのこと、他の医療機関で治らなかった、もしくは失敗してしまった方の修正手術も数多く手がけております。

決して諦めないでください

オキュロフェイシャルクリニックグループでは膨大な手術症例数に基づいた経験や技術を活かし、患者さん個々人のまぶたの状態に合わせた治療を行っています。どうぞ安心してご来院いただけたら幸いです。

お問い合わせはこちら

眼瞼下垂手術の症例

皮膚のたれマブタへの手術

皮膚のたれまぶたの手術

皮膚のたれマブタでは、余った皮膚を取り除くことと、二重まぶたを作ることが目的です。

まぶたの皮膚をまつ毛の上5〜6mm程度の位置で切開し、余っている皮膚を切除します。
その後、二重まぶたを作製し皮膚を縫合します。同時に脂肪を切除する場合があります。

この方法のメリットは皮膚を切除し二重まぶたを作り直すことが出来ることです。もともと一重まぶたや奥二重まぶたの方は作り直した方が綺麗に仕上がります。

それから、皮膚の切除には眉毛の下を切開して皮膚を切除する方法もあります(眉毛下皮膚切除)。眼瞼の皮膚が分厚いため、まつ毛の上で切開すると二重まぶたも分厚くなってしまい不自然になることが予測できる方は、眉毛下皮膚切除が望ましいです。

この方法では自分の二重まぶたが露出されるので、皮膚がたるむ10年くらい前のご自身の自然な目の印象になります。眉毛下皮膚切除ではキズが体表にあるため、デザインに加え切開・縫合の技術という基本中の基本の力量が最重要視されます。力量が無ければ、キズが目立ってしまうためです。当院ではキズを目立たないように最大限の注意を払っています。

適切なデザインや縫い方には高い技術力・豊富な経験が求められる

切って縫うだけの単純な術式ですが、デザインや縫い方にコツがあります。 年齢によって徐々にたるみが増えるため、高齢になるほど目の横幅を大きく超えて目じりの皮膚まで切除しないと、逆に術後に目じりのしわが増えたように感じてしまうことがあるのです。

手術直後には腫れがかなり強く出ますが、2週間で8割程度の腫れが引きます。残りの腫れは6か月くらいかけて徐々に引いていきます。

1.目の形状が「ハの字」

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたれマブタにより目の形状が「ハの字」のようになってしまっている。目つきも暗く見られてしまう。
術後 皮膚のたるみが取れ、二重まぶたになっています。目に光が入るようになったため、目つきが改善したのがわかります。

2.目つきが悪く感じてしまう

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 若い人にも皮膚のたれマブタは起こります。
生まれつきの一重まぶたであると皮膚がたるんで目に被さってしまいます。目つきも悪く感じてしまいます。
術後 黒目が大きく露出するようになり、楽に目を開くことが出来るようになりました。目つきも良くなったのがわかると思います。

3.眉毛が上がり、おでこにシワが出来る

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたれマブタにより、眉毛が上がり、おでこにシワが出来てしまっています。
術後 皮膚を切除し二重まぶたを作成しました。眉毛が下がり、まぶたの皮膚の面積がかなり減っているのがわかります。
おでこのシワが消え、表情が良くなっています。まだ術後2週間ですので少し腫れや赤みが残っています。

4.まぶたが脂肪によって膨れている

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたれマブタがあり、黒目が小さくなっています。まぶたが脂肪によって膨れています。
術後 まぶたの皮膚と脂肪を切除し、二重まぶたを作成しています。
同時に目頭切開(内眥形成術)も行っているため、かなり目が大きくなってスッキリした目つきになっています。

5.まぶたの形状に左右差がある

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたれマブタがあり、まぶたの形状の左右差が出来ています。
術後 左右均等な二重まぶたを作成すると、きれいな目つきになりました。

6.他院で受けた眼瞼下垂手術(挙筋短縮)の修正手術

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 他院で眼瞼下垂手術(挙筋短縮)を行ったが、まぶたの重さが取れないとのことで来院しました。
黒目は正常に露出していますが、皮膚が余って被ってしまっています。
切開線が細かいシワになってまぶたがガタガタになっています。
術後 まぶたの皮膚を適切に切除し、二重まぶたを作成しました。自然な表情になっています。
このようにデザインには多くの経験が必要なのです。

眉毛下皮膚切除の症例写真

7.目がすべて影になってしまっている

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたるみがあり、目じりにかけてほとんど目が影に隠れてしまっている
術後 皮膚のたるみが取れ、目がしっかり開いている。キズはほとんどわからなくなっています。これからさらに綺麗になっていきます。
  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 年齢とともに皮膚がたるんでいるため、中央から目じりにかけてほとんど目が開いていないように見える。
術後 眉毛下で皮膚を切除したため、目を開くことが出来るようになった。3か月目だが傷はほとんど目立ちません。これからさらに綺麗になっていきます。

8.ナチュラルにたるみを無くしたい

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚弛緩があり、目じりにかけて皮膚のたるみが出ているのが分かります。
まぶたの脂肪もあるので切除の選択肢もありますが、自然な仕上がりを希望され大きく変化することを希望されなかったので眉毛下皮膚切除を選択しました。
術後 目じりにあった皮膚のたるみは取れ、二重幅も広くなっています。眉毛下に出来た傷はほとんどわかりません。これからさらに綺麗になっていきます。
  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 年齢とともに皮膚がたるみ、奥二重のようになっています。
術後 目じりのたるみが取れ、すっきりとした目つきになりました。すでに創部はほとんどわかりません。これからさらに綺麗になっていきます。

9.眉毛が吊り上がっている

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたるみがあり、自然と眉の外側が上がっています。
術後 皮膚のたるみが取れたことで、眉の位置が本来の場所に変化しています。目の上の皮膚の量が減少していることがわかります。
  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたるみがあり、眉の外側が上がっていることが分かります。
術後 眉は自然な位置に戻りました。皮膚を引き上げているため目じりのシミの位置が変化しています。
キズはまだ赤いですが今後数か月かけて徐々に消滞していきます。キズは体質により目立たない場合も目立ちやすい場合もあります。

10.目つきが眠そうと言われる

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたるみと筋肉のたるみの両方があり、見開きが悪くなっています。眉毛下での皮膚切除と、筋肉の短縮術を行いました。
術後 目はきれいに見開けるようになり、皮膚のたるみも取れています。キズはほとんど目立ちません。
  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたるみと筋肉のたるみの両方があり、見開きが悪くなっています。
術後 目はきれいに見開けるようになり、皮膚のたるみも取れています。キズはほとんど目立ちませんがこれからさらに綺麗になります。

11.皮膚がまるで傘のよう

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたるみが傘のようになっているため、目がほとんど影に隠れてしまっています。
このように分厚いまぶたの場合に眉毛下皮膚切除が良い適応になります。
術後 皮膚のたるみが取れ、目に光が入るようになりました。キズはほとんど目立ちません。
  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたるみが傘のようになっているため、目がほとんど影に隠れてしまっています。
術後 皮膚のたるみが取れ、目に光が入るようになりました。本来あった二重が露出するようになりました。キズはほとんど目立ちません。

筋肉のたれマブタへの手術

筋肉のたれまぶたの手術

腱膜性眼瞼下垂への手術は、伸びてしまった腱を若い時の位置に縫い直すことで改善することが出来ます(挙筋短縮術)。

手術と同時に余分な皮膚の切除や、重さの原因となっている脂肪の切除を行うこともあります。

手術時間は重症度に応じて片側10分から30分程度かかりますが、静脈麻酔による鎮静を使い、痛みや時間を感じないように工夫をしています。

1.筋肉のたるみによりまぶたが開かない

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 筋肉のたるみによりまぶたが開かない。黒目が小さく、眉毛が上がっているために、おでこのしわが多くなっています。
術後 黒目が大きくなり、眉毛が上がらなくなったため、おでこのしわも無くなっています。(下眼瞼の手術も同時に施行しています)

2.右のたれマブタ(眼瞼下垂)

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 右のたれマブタ(眼瞼下垂)により、二重幅が非常に広く、眉毛も上がっています。右のみが悪いように見えますが、左も軽度のたれマブタがあるので両側とも同時に手術を行っています。
術後 両側ともたれマブタは改善し、左右差はほぼ解消しました。

3.たれマブタにより黒目が小さい

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 たれマブタにより黒目が小さく、二重幅が広く、眉毛が上がって、おでこにシワが出来てしまっています。
術後 黒目が大きくなり、眉毛が下がっておでこのシワが減り、二重幅は自然な状態になっています。

4.ハードコンタクトレンズを使用していたことによる筋肉のたれマブタ

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 ハードコンタクトレンズを使用していたことによる筋肉のたれマブタ。眉毛が上がって、二重の幅が広くなっています。眠そうな目に見えます。
術後 黒目が開き、眉毛が下がりました。眠そうな目つきは解消し、美しいまぶたになりました。

5.顔全体にたるみが出ている

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 筋肉のたれマブタにより黒目が小さくなり、二重の幅が広くなっています。
顔全体にたるみが出ているため、年齢よりも老けて見えてしまっています。
術後 たれマブタの手術を行い、その後に顔全体へヒアルロン酸注入を行いました。
全体的にハリとツヤが出て、素敵なお顔になりました。
このようにオキュロフェイシャルクリニックグループでは眼瞼下垂に加えて美容注射も行っています。

6.二重幅が広い

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 たれマブタ(眼瞼下垂)により黒目が小さくなり、二重幅が広くなっています。
術後 両側の手術後、左右差は消失し、黒目が正常に開いています。

7.左右差の大きいたれマブタ

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 左右差の大きいたれマブタ。左目のたれマブタが重症であり、二重の幅が左右で大きく異なります。
術後 両側とも同じように手術することで、左右差を軽減することが出来ました。二重の幅も左右でほとんど同じになりました。

治療紹介動画をご紹介

眼瞼下垂の手術動画をYoutubeでご紹介

Youtube公式チャンネルで治療動画を
公開しています

オキュロフェイシャルクリニックグループは、皮膚を切らない眼瞼下垂手術(経結膜挙筋短縮術)が可能です。

余剰皮膚の少ない、比較的若い年代のかたにお勧めします。

眼瞼下垂治療の副作用や
リスク、注意事項

  • 術中にまぶたの形を確認するため主に局所麻酔で行いますが、小児の場合など状況に応じて全身麻酔で行います。
  • 術前に痛みを感じにくいように鎮静剤を使用することがあります。
  • 局所麻酔で手術をおこなう場合、重い痛みを感じることがあります。痛みが辛いようであれば、麻酔薬の追加や鎮痛剤の投与で対応します。
  • 複数回手術をされている方は痛みが強い傾向にあります。
  • できるだけ左右差を少なくするように手術を行いますが、完全に左右対称にはなりません。術後に左右差が大きい場合には再度縫合処置をしたり、再手術を行ったりする事があります。
  • 術後徐々に傷痕は目立たなくなりますが傷痕が目立ったり、ケロイドになったりすることがあります。
  • 術後に傷が離解した場合は再度縫合処置が必要です。
  • 感染などで眼窩蜂巣炎になることがあります。
  • 術中鎮静剤を使用した場合血圧低下、除脈、呼吸抑制などが起こることがあります。

眼瞼下垂手術 同意書

眼瞼下垂(挙筋短縮)手術を受けられる患者さん、ご家族のみなさまへ

この説明書は、眼瞼下垂(挙筋短縮)手術について説明したものです。
わからないことがありましたら、担当医にお尋ねください。
治療を受けられる場合は、下記に「同意書PDF」を用意しておりますので、
一度目を通していただき署名をお願いいたします。

TREATMENT治療案内

  • バセドウ病

    バセドウ病・甲状腺眼症は、治ったら元通りではなく、以前とは全く異なる見た目・容姿になってしまうことです。

  • 眼瞼下垂

    眼瞼下垂の原因は大きく2種類あり、「皮膚のたるみによる眼瞼下垂」と「筋肉の弱りによる眼瞼下垂」です。

  • 他院の修正手術

    他院で行った手術でこれ以上治らないと思われた患者さんでも、当院で何か改善できる場合があります。

  • 眼窩骨折

    当院は皮膚を切らずに、白目(結膜)からアプローチする眼窩骨折手術を行います。これによりキズが残りません。

  • 逆さまつ毛・
    蒙古ひだ

    まつ毛の向きが眼球の方を向いているため、眼球と接触してキズを作りさまざまな症状をきたします。

  • なみだ目

    なみだ目(流涙症)は、分泌された涙の排出経路(涙道)の機能不全によって起こりやすいです。

  • 目のクマ・たるみ

    目の下にクマ・ふくらみができている、下まぶたにたるみ・シワが生じた、などを解決いたします。

  • 外傷の修正手術

    突然訪れた事故で負ってしまった怪我をキレイに修復する修正することが可能です。

  • 二重まぶた形成

    オキュロフェイシャルクリニックでは、皮膚の表面を切らずに、埋没法を用いて二重を作ることが可能です。

  • 顔面神経麻痺

    顔面神経麻痺は、様々な原因でなりますが、顔面が非対称になってしまうため、顔貌が大きく変わってしまいます。

  • 眼球突出の
    減圧術

    目の奥の脂肪や骨を切除する眼窩減圧術を用いることで、生まれつきの眼球突出を治療できます。

  • 眼瞼下垂
    他院修正

    他院で眼瞼下垂手術を行い、「失敗した・やり直したい」を当院で実現できるかもしれません。

GROUPグループ医院

  • オキュロフェイシャルクリニック東京

    〒104-0061
    東京都中央区銀座1-15-4 銀座1丁目ビル8階

    03-5579-9995
  • 新前橋 かしま眼科形成外科クリニック

    〒371-0844
    群馬県前橋市古市町180-1 フォレストモール新前橋

    027-288-0224
  • オキュロフェイシャルクリニック大阪

    オキュロフェイシャルクリニック 大阪(眼形成外科)

    〒530-0001
    大阪府大阪市北区梅田1丁目12-6
    EーMA(イーマ)3階

    0120-219-609
  • まぶたとなみだのクリニック千葉

    まぶたとなみだのクリニック 千葉(眼形成外科)

    〒260-0015
    千葉県千葉市中央区富士見1丁目1−13 JS Bldg 6階

    0120-614-762 
診療時間
8:15〜17:15 - -

[休診日]月曜・日曜・祝日
※当院の診療は完全予約制になります。

診療日カレンダーを開く
アクセス
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目12-6 E-MA3階
  • JR大阪駅より徒歩3分
  • 阪急大阪梅田駅より徒歩6分
GoogleMapを開く
地図